DESIGNERS

Yap Weng Nam

Malaysia

Weng Nam is a graphic designer and visual artist from Kuala Lumpur, Malaysia. He holds a B.A. degree in Graphic Design at Royal Academy of Art, The Hague in 2012. Weng Nam's major interests are sound, music and visual, he enjoys to work on different mediums that blur boundaries between design and art by challenging the norm and celebrating the random beauty of experimentation. Selected group exhibition; A+A Slovenian Exhibition Centre (Venice, Italy, 2012), Mapping Festival (Le Commun, Switzerland, 2013), International Techno Art Exhibition (National Taiwan Museum of Fine Arts, Taiwan, 2014). His works have been featured in several publications in Europe and Asia, and received international recognition including the European Design Awards 2014, Golden Pin Design Awards 2015, and nominated young guns under Antalis 102030 program among South East Asia in 2015. In 2015, he participated artist-in-residence program in Tenjinyama Art Studio (Hokkaido, Japan). In 2016, his first solo exhibition ‘The Blind Men and the Elephant, in Sapporo’ is an interactive visual-sound installation, held in CAI02, Sapporo. In year 2017, he founded Studio Clap.

クアラルンプール(マレーシア)出身のグラフィック・デザイナー、アーティスト。2012年、ハーグ王立芸術アカデミーのグラフィックデザイン(修士)卒業。音響、音楽、視覚表現に関心を持つ。実験で生まれる偶然の美しさを称え、規範に挑むことで、デザインとアートの曖昧な領域にまたがった、異なる媒体を使って表現している。主なグループ展に、A+A スロベニア・エキシビショ・ンセンター(ヴェネツィア、イタリア, 2012)、マッピング・フェスティバル (Le Commun、スイス、2013)、インターナショナル・テクノ・アート・エキシビション(国立台湾美術館、2014)。作品はヨーロッパやアジアの出版物でも数多く紹介され、ヨーロッパ・デザイン・アワード(2014)、ゴールデン・ピン・デザイン・アワード(2015)を受賞。2015年にさっぽろ天神山アートスタジオの公募プログラムに参加。初の個展「群盲象を評す、札幌」はインタラクティブ・ビジュアル・サウンド・インスタレーションで、2016年にCAI02(札幌)で発表された。2017年にはStudio Clapを設立。

http://www.studio-clap.com

PRESENTATION